クラブのトウ側に当たる強いフックが治らない。フェアウェイウッド、ユーティリティ

ゴルフ

クラブのトウ側に球が当たり、薄いインパクトにしかならない。または極端にトウ側に当たり、トウシャンクで右に飛ぶ。

こんな悩みはないでしょうか。

特に、アイアンはいいけど、長いクラブ(ユーティリティやフェアウェイウッド)が全部トウがわに当たり、強いフックになる。

トウに当たっていることが気づかず、強いフックが治らないと思っている方もいるかもしれません。

この悩みを持っていると、いろいろ考えて、大抵やるのが、

①トウに当たるのだから、近づいて打てば、真ん中になるだろう。

とか

➁少し立ち気味にして、クラブを吊り気味にしたらどうであろうか。

とか

③もう、最初から、ネック寄りに構えればインパクトでは真ん中に当たるのでは。

とか考えてやりませんでしたか?

でも、治らないから、検索してますよね。

ゴルフって逆が真なりってことが多くて、この場合も逆なことが多いかもしれません。

というのも

トウにあたるのですが、ボールから離れるのです。

なんかよりトウに当たりそうですよね。

離れるにしても、土台はしっかりとしてください。

イメージは松山英樹のようなしっかりどっしりとした腰です。

ちなみに、重心は極端にカカトよりにしてしまいましょう。

そうして、自分では、ちょっと遠いかな?と思うくらいがちょうどいいです。

実際の、無意識の意識を声にしてみます。かっこは無意識の声です

失敗例から

①近づいて打てば、インパクトは真ん中だろう。

➁テイクバックを上げて、(あたるかなぁ、不安だなぁ)

③振り下ろすとき、 (球が近くに置いたからクラブを振り下ろさなきゃ)と、手打ちになりカラダの近くへと引き寄せるようにインパクト。もちろん振り下ろしたのでトウに当たります。腕を振り下ろすと、反動で腰は前に出ます。前傾角度は保てなく伸びたインパクトになります。

フックというより引っ掛けに近いフック

成功例

①遠くに球を置くのはまたトウに当たるのではないか(不安だぁ)

➁テイクバックをして(球が遠いなぁ)

③振り下ろしのときは球が遠いので引き寄せるスイングではなくインサイドから外へ球を当てに行きます(遠いっていう感覚があるのでそとへ振りたいよ)手打ちで遠い球を当てるのは難しいので腰からいくしかなくなります。

インサイドから理想的に当たると、トウには当たりません。

そして、今まで強いフックはトウに当たっていたからフックしていただけで、真ん中に当たれば、軽いドローになりました。

インパクトも気持ちいいです。

ゴルフって、ホント逆のスポーツです。

スライスに悩むのも、右方向に振りだせば治るのに、なかなか球が右に飛ぶから、左に引っぱっちゃう。そして治らない。

高い球も、下に打ち込めば高い球になるのに上げたいからすくっちゃう。

イメージと逆なことが多いから難しい。

もう1つトウ当たりを防ぐ方法はイメージ変換です。

トウ当たりしているときは、フェイスの真ん中に当てるイメージで打っていると思いますが、フェイスの長さを多く見積もっているかも知れません。

極端にシャフト先端で打つイメージくらいでもいいかと。

ひとの頭の中って分からないのでなんともあなたの正解かどうかわかりませんが、過去にシャンクに悩んだ人は、ネック側に当てたくない気持ちがあり、フェイスの真ん中のイメージが強すぎるかもしれません。

インパクトシールでチェックして、トウ寄りが多いなら、大胆にシャフト先端で打つ位のイメージで練習するのもいいかもしれません。

アイアンも少しネック寄りが理想のインパクトゾーンだったりします。

これで解決!

これでもうまくいかなければ、奥の手です。

最終手打ちが原因です。

右手の人差し指と親指を浮かしましょう。右手は握らないのです。右腕は添えているだけ。

テイクバックも腰で上げる。ダウンスイングも腰から回して左腕を引っ張る。右腕はまったくチカラを入れない。

これなら、円運動のスイング軌道通りにしか動きません。というか動かせられません。

トウ当たりする人にとっては本来はこれくらいが正解かも知れませんね。

こういうのって、感覚なので最初から上手いひとは普通にやってしまうので理解出来ない場合あるんですよね。そしてその感覚は当たり前だと思われているので、世に出ません。わたしも悩んだ方ですのでそういう場合もあるかと参考程度に意識追加してもいいかと。

どうしても治らない方は、絶対に試してみる価値はあると思います。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました