ガーミン R10売りました。

ゴルフ

発売と同時に買いました、ガーミンApproach R10 弾道測定器。

いろいろ使いましたが、結局メルカリ行きとなりました。

というのも、セッティングがやはりシビアであり、データのを自分自身で信用できなくなったのが原因です。

特に私が必要としていたデータは、

・スピン量

・打ち出し角

・キャリー

・総飛距離

この4つです。

この4つがあれば、ドライバーの飛距離アップの調整、アイアンの飛距離確認が出来ると思っていたのですが、わたしはうまくいきませんでした。

総飛距離は辛目ですし、アイアンの飛距離を把握するには少し現実的ではないと思った次第です。

これに関しては、測定場所の都合でレンジボールだからという理由もあると思います。

スピン量に関してもドライバーで確認すると、かなり多いときがあったり、本当か?と疑問をもってしまったり、どれを信用していいのか分からなくなってしまいました。

打ち出し角も同じ理由でばらつきが信用出来なくなってしまったからです。

結局、私がデータを測りたい時には、屋内の弾道測定器のある施設、シュミレーションゴルフ等、自分のコースで使うマイボールで測定できる状態で、測定したほうが確実で信頼できるという結論となったためです。

飛距離の縦距離を把握することは非常に大事なことで、正確な測定器で測定したいと常に思っています。体調にもよりますから、常に把握したいですね。

非常に安価でこれだけの測定が出来るものは他にありませんし、Ver.UPも頻繁に行われており良くなっていくと思っています。

打感や軌道確認も出来るので、打っただけでは把握できない方にはいいものだと思います。

そういう方には小型で持ち運びもいいし、いい商品ではないでしょうか。

わたしが次買うならスカイトラックくらいか、GC3がほしいです。

でも、買わなくても、屋内で弾道測定器があるブースで時間で借りてもいいかなと思っております。

私みたいな考え方は一般には少ないのかもしれませんが、こう考えると、だんだん屋外のゴルフ練習場って減っていくんでしょうかね。

広い場所と大きなネット、打席数の限られますし、ボール拾ったり維持費も掛かる。レンジボールなので縦距離が不正確。

シュミレーションゴルフなら、狭い空間で出来ますし、高性能になっていけば、屋外練習場と変わらなくなっていくんですかね。

なんか、悲しいですが、そんな未来になりそうですかね。

でも、爽快感は屋外練習場には勝てませんので、屋外も好きだし、行きますけどね。

マンションですから、家に作ることも出来ませんし、とりあえず、測定したいときは、そういう施設で測定する生活にしていこうと思います。

とりあえず、R10 売る。 という話でした。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました